スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iRacingでカメラマンやろうぜ!iRacingカメラ解説編

どうもあまえびです。

現実世界でカメラを買うお金がないのでiRacingでカメラマン(自称)やってます。

つい、本当につい最近カメラの機能色々知ったのでこの際自分がSS撮る時の方法とか

説明してしまおうかなーと思った次第です。

s.jpg
自分が教えれるレベルではこんな感じになります(画像クリックである程度拡大)

まずiRacing開いてるとこうゆう画面になってますよね。

1.png

この画面の状態でCtrl+F12キー押します。そうすると右にカメラエディットが出現します。

2.png

まぁ後はこれを触るだけなんですがざっと言うと
X→前後
Y→カメラが横に動く
Z→上下
Y→カメラが横を向く
P→カメラが上下を向く
R→カメラが傾く
って感じですかね、凄い雑に説明しました。正式には多分違う。

ではこの状態からなんとなーく良さげな画像を撮ってみます。

まずZ軸を触ってカメラを下げます

3.png

次にY軸を触って撮る角度を決めて

4.png

ここでX軸で近くに寄らず下のZoomバーを触って車に寄ります。
説明するのが難しいので2つ画像貼ります。

6.png
(ズームで寄る)
7.png
(Xで寄る)

まぁそうゆう事です。

で、多分TVカムとかから触ってるとY,P,Rが触れなくなってると思うのでAim Typeをstaticにします。

8.png


そしたらR軸いじって傾けます。これは好みです。僕の目だと傾けた方がかっこよく見えるんです。

6.png
(傾けない)
9.png
(傾ける)

後はMan.Forcusバーを触ってぼかせば何か良さげな画像のできあがり!
10.png

Man.Forcusバーはオプションのリプレイ設定の部分でDepth of Field Effectsにチェック入ってないと触ってもぼけないので注意!
自分はこれで2年悩みました。2年も無駄にしました・・・
11.png
(一番右下のチェックボックスです。)

twitterの方でやり方を教えてもらってた所、結構横からお気に入り登録やRTが飛んできていたので

「おや?もしや自分以外も結構知らない人いっぱいたり?」と思ったので記事にしてみました。

やっぱレースするのも楽しいですけど、レース終わった後自分の走ってる姿をかっこよくキャプチャするのも楽しみの1つですよね。

ちなみにカメラ解説"編"って言ってますけど続編あるのかは知りません。

最後に昨夜のイベントレースで白熱のトップ争いから自分の凡ミスで戦線離脱するアマエビ氏のかっこいい画像でお別れです。

13.png


12.png


14.png


スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。